鎌倉でスイーツならコクリコのクレープがおすすめ

アクティビティ

こんにちは☆

今日は鎌倉マニアのポンタローがご紹介する、

古都・鎌倉にある美味しいクレープ屋さん☆

「コクリコ」さんについて☆

コクリコって名前の由来は?

コクリコとは、与謝野晶子がフランスに居る夫に

会いに行ったときに詠んだ歌にも使われている

「ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は

火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟」

日本名では雛罌粟(ひなげし)の花。

フランス語でコクリコという。

創業者が与謝野晶子が好きだったのだろうか。

それとも雛罌粟が好きだったのだろうか。

真相はお店の人に聞いてみましょう☆

 

コクリコは歴史あるクレープ店?

wikipediaによると、現在は二代目の方が

経営されているようです。

1972年に脱サラしてフランスで

パンの修業をされた初代が開業。

当初はサンドウィッチなどを売っていた様です。

とても歴史のあるお店ですね☆

 

鎌倉のどこにあるの?

そんな「コクリコ」さんは

鎌倉に2店舗あります☆場所はこちら。

1号店は小町通りに位置します。

鎌倉と言えは「小町通り」

食べ歩きにも最適なクレープをもって探索してみましょう☆

2号店は西口にある「御成通り」に位置します。

こちらは小町通りと違って、

鎌倉になれた通(つう)が通う

商店街ではないでしょうか。

じつはこの通りもオシャレなお店が沢山。

今回はこちらのお店でシュガーバターを食べてきましたので

レポートしますね☆



こちらが御成通りの入口。

鎌倉の雰囲気漂うたたずまいの門。

こちらが商店街の雰囲気。

石畳が続き、小町通りに比べて道幅も広いので

明るくて開放感のある雰囲気。

チョコレート専門店のお店

オシャレなガラス張りの厨房

猫グッズ専門店もあります☆

ディスプレイがオシャレなお店が多くて、

歩いているだけで楽しい気分になります(^^♪

植栽のお店☆こちらもオシャレな雰囲気。

デートにもおすすめのストリートです☆



さて、やってきました「コクリコ2号店」!

外観はかわいらしい白と緑を基調とした柔らかい雰囲気。

木製の引戸が古都・鎌倉の雰囲気を醸し出します。

おすすめメニューは?

人気なのは「レモンシュガー」味。

ふんわり香るレモンの風味とシュガーの甘さが

絶妙にマッチします☆

私は毎回レモンシュガーなので、

今回はシュガーバターと注文してみました!

食べ歩きはもちろん、店内で食べる事も出来ます☆

6人くらいなら座れる席もあるので

大勢でも入れます☆



ん~、やさしい甘さにふわっとしたクレープ。

心が癒されます。

店員さんも笑顔が素敵な方たちばかり。

癒しのひとときをありがとう☆

ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪






 

コメント

タイトルとURLをコピーしました